男性ホルモン日記ブログ

男性ホルモンが原因となる薄毛

男性ホルモンが原因となる薄毛

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが原因となる薄毛で、頭頂部や生え際の髪の毛から薄くなっていくのが特徴です。薄毛にもいくつかのタイプがありますが、薄毛に悩む男性のほとんどがこのAGAによる薄毛です。

 

AGAのメカニズムについてですが、男性ホルモン「テストステロン」が体内の酵素である「5αリダクターゼ」と結合することで生成される「ジヒドロテストステロン」が原因物質となります。

 

ジヒドロテストステロンは強力は脱毛ホルモンであり、皮脂を大量に分泌させる作用があることで知られています。皮脂が大量に分泌されると頭皮の毛穴を塞いでしまうため、毛髪の育成に悪い影響を与えます。

 

また、薄毛で悩む人で育毛剤を使っているという人も多いですが、育毛剤は水溶性のため、脂性の皮脂が毛穴に詰まっている状態で育毛剤を使用しても脂で弾かれてしまって有効成分が毛根まで浸透することができません。

薄毛に悩む人にとっては非常に厄介であるジヒドロテストステロン

男性ホルモン日記ブログ

薄毛に悩む人にとっては非常に厄介であるジヒドロテストステロンですが、最近ではこの脱毛ホルモンの働きを抑える薬も出てきています。

 

それがフィナステリドです。

 

フィナステリドはプロペシアという商品名で売られている薬で、5αリダクターゼの働きを抑制することで脱毛ホルモンの生成を抑えるというものです。

 

アメリカ食品医薬品局(FDA)でも承認されている安全性の高い医薬品で、育毛・発毛効果があることも確認されています。フィナステリドは日本国内では医師の処方箋がないと手に入れることはできませんが、海外では安いジェネリックも売られていて、並行輸入などで手に入れる人も増えてきています。

▲男性ホルモン日記ブログ 上へ戻る
男性ホルモン日記ブログ page top