保湿の効果が高いクリームを使用しましょう

保湿の効果が高いクリームを使用しましょう

保湿の効果が高いクリームを使用しましょう

まず初期段階から注意時期の段階では肌の水分量が不足しているというより、バリア機能が低下していることで手荒れが起こり始めた状態なので、保湿効果が高いクリームタイプのものを使いましょう。

 

クリームタイプはべたつきが残りやすいので、量をたくさんつけるのではなく、適量を手全体の伸ばしてしっかりとバリアを作ってあげるようにしましょう。

 

手荒れの進行時期になってくると、バリア機能を強化しても肌の水分量も不足してしまっている状態ですから、単にクリームで肌を保護するのではなく保湿成分にもこだわる必要があります。

 

手に効果のある保湿成分と言えば尿素が有名ですが、尿素だけではなく角質層にあるセラミドを補うことも効果的なので、どちらも配合されているハンドクリームを選ぶといいでしょう。

 

重症の場合はまず傷ついている部分を治し、潤い効果のあるハンドクリームで皮膚の状態を改善してから、保湿力が高いハンドクリームでケアをしてください。

▲保湿の効果が高いクリームを使用しましょう 上へ戻る
保湿の効果が高いクリームを使用しましょう page top