敏感肌のハンドケア方法

敏感肌のハンドケア方法

敏感肌のハンドケア方法

手というのは、常に何かに触れていることが多く、またダイレクトに外気の影響を受けるので荒れやすいのですが、敏感肌となるとさらに手荒れを起こしやすくなります。

手荒れというのは一般的に乾燥した時期に起こるものですが、敏感肌だと1年中手荒れが続くことも珍しくないので、1年を通してハンドケアをしていく必要があるでしょう。

 

敏感肌のハンドケア方法は、まずは外部の刺激を出来る限り軽減することから始めましょう。手荒れが引き起こされる原因の多くは、食器を洗ったり手洗いをする時に使う水と洗浄剤です。

 

食器を洗う時は素早く綺麗に洗うためにお湯を使うことも多いと思いますが、お湯は水分がどんどん気化されていくので、お湯に触れていると肌の水分まで蒸散されてしまいます。

 

洗浄剤は石油界面活性剤が使われているものがほとんどのですが、これが肌の皮脂を落としたり、皮膚内に入り込んでバリア機能をさらに低下させてしまいます。

 

そのため手荒れが起きてしまうので、水仕事をする時には必ず手袋をつけましょう。またお風呂でもシャンプーや洗顔など、手を使用していくのでやはり、手だけがより乾燥しやすくなってしまいます。ですのでひと工夫するのも大切です。

 

1つめは、敏感肌のための入浴法を実践することで、シャンプーや洗顔の時のダメージを防ぐとともに、お風呂で手の方まで血行促進しやすくなります。

 

2つめは、食器などを洗う際は、手袋でガードすれば水によって手がダメージを受けることもありませんし、洗浄剤の刺激からも守ってあげることができます。

▲敏感肌のハンドケア方法 上へ戻る
敏感肌のハンドケア方法 page top