手が荒れる原因は?

手が荒れる原因は?

手が荒れる原因は?

手というのは、他の部位の肌と比べると皮脂腺が極端にすくないので皮脂の分泌量も不足しがちになり、そのため手の角質層がダメージをうけやすくなるため、バリア機能が低下しやすいという性質を持っています。

 

バリア機能は肌が健やかな状態を保つためには必要不可欠なもので、この機能が低下していると、冷たい水や洗剤に含まれる石油系界面活性剤などによるダメージをダイレクトに受けてしまいます。

 

つまり、手が荒れる原因というのはバリア機能が低下したり、機能が破綻してしまっていることなのです。

 

洗顔後に肌がつっぱることもありますが、手のひらを使用して顔を洗うので、手も乾燥してしまいやすくなります。

 

またバリア機能が低下している場合には手の方も敏感肌の場合がありますので、しっかり敏感肌のハンドケア方法のページで学んでいくとよいでしょう。

▲手が荒れる原因は? 上へ戻る
手が荒れる原因は? page top