洗顔すると肌がつっぱる理由

洗顔すると肌がつっぱる理由

洗顔すると肌がつっぱる理由

洗顔をすると、汚れが落ちるだけではなく肌の保水をキープしている油分も落としてしまいます。また洗顔をするときは、当然手を使用するので、手が荒れてしまうということがあるかもしれません。

 

油分は分泌量が多過ぎると肌をべたつかせたり、毛穴に詰まって黒ずみとなったり毛穴を開かせたりと、悪いイメージが先行してしまっていますが本来の働きは肌の水分が蒸散しないための蓋となっているものです。

 

水分の蒸散を防いでいる油分が洗い流されてしまうと、角層で水分を蓄えている天然保湿成分のNMFという成分も一緒に流れ出ていってしまいます。ですから、洗顔をすると肌の水分量が急激に減少してしまうため、肌に水分が不足することで柔軟性がなくなってつっぱってしまうのです。

 

水分が不足した状態というと乾燥を思い浮かべる方も多いと思いますが、肌の乾燥が引き起こされるのはつっぱり感が収まったあとです。

 

その理由として考えられるのは、それだけ水分量の減り方が急激だということでしょう。

 

ゆっくりと水分量が低下すると、肌の柔軟性が一気になくなることはないので、少しずつしわが寄っていきますが、いきなり水分量ががくんと減ると肌がその変化についていけず一時的に引っ張られた状態になるのです。

 

そのため水分をキープする油分と水分を保っていた天然保湿因子が洗顔で急に失われると、肌がつっぱってしまうのです。

▲洗顔すると肌がつっぱる理由 上へ戻る
洗顔すると肌がつっぱる理由 page top